IT エンジニア 転職

サイバーエージェントやDeNAに転職するチャンス

転職エージェント,転職サイト,IT エンジニア 転職,IT 転職,エンジニア 転職

 

IT業界は雇用の流動性が高い業界です。特にBtoBのシステム開発領域では、企業ごとの案件受注状況によって必要な人材の数が大きく変化するため、急に大手企業から大量採用の求人が出ることも多いのです。

 

さらに最近では、企業ごとではなく、企業内のプロジェクトごとで独自にIT・エンジニアを採用するようなケースも出てきており、今後もこのようなプロジェクトごとの需要に基づいた求人は増える傾向にあるようです。

 

このことから、サイバーエージェントやDeNAなどをはじめとした大手企業に転職するチャンスが、以前よりもかなり広がっているとも言えますね。

 

転職エージェントへ登録してみると良くわかるのですが、一企業でも複数の業種やプロジェクトで求人を出していることが結構あります。

 

IT・エンジニアとしてサイバーエージェントやDeNAなど大手企業を志望するのであれば、当然のごとく複数の転職エージェントに登録した上で、個々にスカウト機能を活用して求人紹介を依頼し、業種やプロジェクトごとの求人がないかどうか確認するのが良いでしょう。

 

なお、こうしたプロジェクトごとの求人などは求人サイトでの公開期間が短期であったり、そもそも恒常的に載せる必要がないものであるために、一般的な求人サイトではいわゆる「非公開求人」だったりするのです。

 

IT・エンジニアの非公開求人が多いのはココ

経験言語によるフィルタリングは顕在

ちなみに、プログラマの転職ではいまだに経験言語が重視される傾向があります。

 

これは、企業側がプログラマに期待していることが、「これまでの経験と知識とで確実に成果を出してくれる人」であるためですが、そのため例えば経験言語が1つだけであったり、オブジェクト指向言語を使ったことがなかったりすると、それだけで採用の幅はかなり狭まります。

 

プログラミングは学習コストが比較的低く、未経験であっても採用されやすい業界ではあるのですが、それでも経験言語によるフィルタリングはまだ残っており、特にWeb未経験からWeb業界への転職などは難しいと言われています。

 

できれば現職のうちになるべく多くの言語を経験しておき、職務経歴書に記載できるようにしておきたいところですが、プロジェクトの都合上なかなか難しいこともあると思います。

 

そんなときは転職エージェントなどを介することで「現職での経験自体はないが、似た言語を使っていたことはあり、すぐにキャッチアップできるため問題ない」などの旨を企業側に伝えてもらうといった対応をとるのが良いかと思われます。

プログラマからSEへの転職は個人のポテンシャルがポイント

また、IT業界で多い転職の一つに、プログラマからシステムエンジニア(SE)への転職があります。

 

いわゆる上流工程への転職ですが、この場合は職種が変わるため、どちらかというとこれまでの経験よりは個人のポテンシャルなどを判断した上での選考となることが多いようです。

 

ただし、システム開発のチームリーダーを経験していたり、小さくても自分から能動的に動いてプロジェクトを改善した実績などがあれば、その分採用される可能性は高くなる傾向があります。

 

特にプログラマの転職フローとして、最近ではソースコードを提出し、その書き方やアルゴリズムによってプログラミングスキルが判定され、その結果によって企業からスカウトされるようなサービスもあります。

 

こうしたサービスでは、書類選考をスキップしていきなり面接から開始できるところが多く、ソースコードも企業ごとに提出するわけではなくサイトへ一度提出するだけで利用できますのでとても効率的です。

 

実際に現職で経験したことがない言語であっても、独学で勉強してソースコードを提出すればスカウトが来ることも多いので、新しい技術を学びたい場合や学歴や経歴などの不要なフィルタリングでひっかかってしまって、なかなか先に進めないケースなどには有用なツールとなります。

 

IT・エンジニア転職ツールを利用するのがおすすめ

[実例] 転職エージェントを利用してIT業界での転職に成功しました

私のキャリアは、日本企業のITシステム開発部のプログラマーからスタートしました。社内システムの開発や運用を担当し、システムエンジニアやプロジェクトマネージャとなり、7年ほど勤めて経験を積みました。

 

しかし、その7年で経験したのは、社内のシステムのみです。そして主に担当していたシステム環境はメインフレームでしたので、世間では昔ほど需要の多い状態ではありませんでした。

 

そして、入社7年目に、もっと別のITシステムの経験や知識を得たいと考え、転職を活動を開始しました。

 

当初は、個人で履歴書や職務履歴書を作成して、地道に転職活動をしていましたが、同じITシステム系の分野への応募とはいえ、転職活動は簡単なものではありませんでした。そのうちに、私は転職エージェントというものを知り、早速登録をしました。

 

転職エージェントに登録後、転職コーディネーターの方のサポートを受けながら、まず、履歴書や職務経歴書の作成をおこないました。個人で資料を作成していたときには気づかなかったアピールポイントなども的確にアドバイスいただき、以前よりレベルの履歴書や職務経歴書を作成することができました。

 

また、それまでのITキャリアを活かしつつ、新しい分野にチャレンジしたいという希望にも親身になって考えてくださり、希望の職種を紹介していただくことができました。

 

その後、転職エージェントを介して企業に応募をし、面接をおこなう際には、担当の転職コーディネーターの方が応募手続きや面接日時の調整をおこない、応募資料一式を準備して持ってきてくださったので、私は面接に集中することができました。

 

結果的に、数社の採用通知をいただき、希望のITシステム分野の職種につくことができたのです。まさしく転職エージェントのサポートのおかげだと思っております。

 

なお、採用通知を辞退しなければならない場合も、担当の転職コーディネーターの方が担ってくださったので、精神的な負担がなかったことも非常に良かったことです。