IT エンジニア 転職

IT転職エージェントおすすめランキング

20代のIT転職活動は若さを生かそう

世間で20代の転職、というと始めての転職活動の時期として早いと思われるか、一番のいい時期と言われるか難しいところです。少なくとも30代や40代の人と違い、即戦力というよりは今後に対する期待に大きく重点を置かれる年齢と言えます。

 

しかしながら、今まで働いてきた結果何を得てそれをどうやって糧としたか説明することも必要なので匙加減の難しい年齢でもあります。

 

まずは自分の知っていること、そして知らないことはしっかりとまとめておき、話すことと話さないこともあえて分けておくと面接のミスは減ります。

知ったかぶり20代の特権ではない

自分は多くのことを経験してきたからアピールしよう、という心構えはいいかもしれませんが、少なくとも面接官は自分より長い間IT業界に勤め、IT業界の研究をしてきた人間です。うまく事が運べばいいかもしれませんが、大抵の場合はコイツは浅いな、と一蹴されてしまいます。

 

20代の転職では、入社後に馴染んでくれるだろうという柔軟性が大きく評価されますので、何事も分かったような口ぶりで断言して話すよりは質問として話すほうが面接突破の確率が上がるものです。

 

また、たとえ分からないことがあっても流れに任せて知ったかぶりをするのではなく、謙虚に教えてもらえるような答え方をすれば印象はグッと変わってきます。20代は素直な力を十分に発揮できる最後の年齢なのですから。

20代だからといってマナー違反は許されない

20代の転職希望者の場合は、まず社会人としてのマナーが身についているかということを見られることが多いものです。他の年齢でももちろんチェックはされますが、20代だと多くの人は問題ないはずの社会人マナーですが、時間も経ち当たり前になってくるとミスも出てきます。

 

20代で初めての転職活動が心配な方は、就職・転職エージェントを利用してみましょう。特に基本となる社会人マナーについては、就職・転職エージェントを利用すれば模擬面接などでサポートしてもらえるため、面接前のいいチェックになりますし、初めてで分からないことがあっても気軽に質問ができますので心に余裕が出てきます。

 

就職・転職エージェントは基本的には無料でできますので、20代の方でも費用面で安心してされています。