IT エンジニア 転職

即戦力として期待される30代の転職成功術

転職を経験する多くの人が30代という年齢だと思います。周りの人がどんどん転職する中、自分はまだだからと焦ることなく、本当にそれが必要なことかという見極めをしっかりしてから行動しましょう。

 

30代は即戦力として期待を背負う事がほとんどで、基本的には未経験の仕事は難しくなっています。しかし、その性質については30代の前半と後半で大きく変わってくるといわれています。

 

もし未経験の仕事を考えている方は、30代前半のうちに転職活動を始めるとその後の流れもスムーズに行きます。

30代前半での転職に対する見られ方はまだまだ緩い!?

30代前半は未経験業界であっても、まだまだ十分に採用される年齢です。社会人の経験としてもしっかりしていて、まだまだ今後の可能性も模索できる30代前半は、企業からすると非常にありがたい人材なのです。

 

そのため、今まで培った知識と今後に対する情熱さえしっかりしていれば、たとえ業界未経験でもあまり難しい転職ではないのです。今までの経験の中から得たことと、未来に対するビジョン、その二つをしっかりアピールしていきましょう。

30代後半を見る目は少し厳しい?

30代後半になると未経験業界への転職が難しくなりはじめる年齢です。とはいえ、現在と同じ業種への転職希望なら引く手数なので、心配することはほとんどありません。

 

30代後半になると、今後の成長などよりは今得た知識と業績で判断されることが多くなります。そのためアピールすべきポイントは、今後の未来に対することよりは、今の自分に何ができるかというスキルと経験を強く前面に押し出していくほうが相手の印象に残ります。

 

気をつけることは面接官や人事担当者も同じ業界の人間のため、話すことにしっかりと自信と正確性を持つことです。納得させるだけの材料と自信をつけて挑むことが成功の秘訣です。

30代は前半と後半で期待されることが違う

30代は前半と後半で求められる事が大きく変わりますが、需要豊富な年代のためにその性質さえ理解していればなんなく転職は成功するはずです。

 

まず第一に気をつけるのは焦らないことです。時間がかかり面倒なことかもしれませんが、応募企業の情報はきちんと調べておきましょう。早く転職したいと軽い気持ちで転職をするととんでもない会社に捕まる可能性も少なくはないので、慎重なくらいがいいでしょう。

 

応募企業についてなかなか情報がない場合は、転職支援のプロである転職エージェントの力を利用するのがおすすめです。多くの会社と密接した関係であるエージェントなら、あなたが知らない情報も入手にしていますので必ず力になってくれます。