IT エンジニア 転職

IT転職エージェントおすすめランキング

年齢の壁を乗り越えろ!40代の転職はシビアな道のり

20代30代と違い、一番シビアで、かつ、これまでの経歴を見られる年齢が40代です。そのためこれまでの積み上げが大切になってきます。転職を決める前に、今まで自分はどれだけの功績を残してきたか、アピールできる点をきちんと振り返っておきましょう。

 

30代という年齢を超えてきたため、自分は転職できないのでは?と考える人が多くいるかもしれません。確かに40代になれば年齢による壁も高くはなってきますが、期間を決めての短期決戦ならば気づけば終わる人が多いのも事実です。まずはしっかり、これまでの職歴を振り返っておきましょう。

これまでの経験をいかに魅力的にアピールするか

40代となると、どうしても今まで自分があげた成果や豊富な業務経験が求められます。それを面接の際にいかに魅力的に伝えて、自分をアピールするかが大切になってきます。

 

ここで必要となるのは、目に見えない精神論などではなく、数字などの目に見えるものにして説明をするということです。

 

40代という年齢で具体性がないものをアピールしたところで、「この人はこんなあやふやなもので勝負していたのか?」と逆効果になってしまいます。これまでの仕事でどのようにしっかりと足場を築いてきたのか、段取りを組んで面接に挑みましょう。

40代で自信がないなら転職はするな

40代の転職であるにもかかわらず、ビジネスマンとして自信がない、となると現実問題として転職の成功は難しくなります。

 

企業側から40代に求められるのは、当然ながらリーダーとして即戦力で働くことです。これまでのキャリアに自信がないのならば、厳しいようですが転職は諦めた方が苦労はしないでしょう。

 

ビジネスマンとして自信というものがあって当たり前なのが40代の転職です。今までの仕事を振り返って、必ず自信を持って話せることはあるはずです。

まだまだ若いものには負けられない

転職活動としては、どうしても20代や30代と比べるとつらくなる年齢です。採用までの道のりは厳しい側面があるかもしれませんが、転職が実現できたときには以前にもまして充実した職場で働くことができるはずです。

 

年齢的にも専門的な転職になるため求人広告が少なくて困っている方は、無料で利用できる転職エージェントに相談してみましょう。転職エージェントを利用するとグッと求人は増えてきますよ。