IT エンジニア 転職

こんな人が転職で失敗するらしい

仕事がつらくて転職した友人がいるのですが、この友人は転職した先でも仕事がつらくなって、元の職場に戻りたくても職場の同僚たちと仲が悪いまま退職してしまったので、戻ることもできないと言っています。こういう人は転職のやり方を間違っているからかもしれません。

 

確かに転職というのは今いる会社にとっては困ることかもしれませんが、きちんとマナーを守れば退職後も人間関係が完全に崩れることはありません。

 

また、転職後の仕事にもよりますが、前にいた会社がお客様になるケースも珍しいことではないのです。そのため、転職をするのだから何もかも失っていい、という考えの人は実は転職することすらあまり向いていないのです。

平気で人脈を潰す人は転職を思いとどまろう

人脈というのは簡単にできるものではありませんお客様もそうですが、友人や同僚も基本的に簡単に築けるものではないのです。

 

貴方は今まで出会った人々を全員覚えているでしょうか。少なくとも覚えていない人のが多いはずです。しかし、もしその人々全員と繋がっていたならば、世界は想像を超えるほど豊かになっていたかもしれません。

 

人脈を軽く見ている人は転職後も必ず失敗をします。もし思いあたりがある人は、一度考え直してみましょう。

自分に自信がない人は転職するのはやめよう

自分に自信がない。そういう人は転職はやめましょう。そんなことを言っても現状を変えたい!そういう人はまず自信をつけましょう。

 

自信がないということは会社に自分を売り込めない、というのだけなら問題はありません。一番の問題はそれを悪用しようとするブラック会社に捕まえられる可能性があるからです。

 

もしそれでも変わりたい、という人は自分に自信を持ちましょう。これは意外に簡単なことなんですよ。

転職に失敗する人がダメな人ではない

転職に失敗したからといってもその人全てがダメなわけではない、ということだけは理解しておいてください。

 

転職でエネルギーを使い弱っている心の隙間に手を伸ばし、悪用しようとする人も世の中にはいますので、それらブラック企業や詐欺まがいの行為をする輩には決してつかまらないようにしましょう。

 

人を軽く見ると最後に痛い目に必ず遭います。それは私たちが人と接している限り必ず訪れます。だからこそ、人間である相手と自分を信じて行動しましょう。このどちらかがかけていても必ずバランスは崩れやすくなり、転職そのものに失敗しやすくなってしまうのです。