IT エンジニア 転職

地方へ転職したいなら足を運んで考えよう

「実家の家族のことも心配だし、そろそろ地元に帰るために転職をしよう。」、誰しもが考えることがあるでしょう。しかし、本当に地方に帰っても仕事はあるのでしょうか?

 

さらに、「自分には都会でのキャリアがあるから大丈夫」、そういう考えも通用しないのが地方での仕事探しです。地方と都会は大きく違うことを理解した上で、地方への転職にチャレンジしましょう。

地方だと給料も下がるし通勤にも時間がかかる

全ての地方がそうだとも、全ての会社がそうだとも言えませんが、やはり都会での待遇と比べるとほとんどの人は給料が下がり、通勤時間は延びます。

 

地方の場合は、都会にあるような仕事は基本的に離れた場所にありますし、最低賃金水準でもわかるように賃金も大幅に変わってきてしまいます。それだったら都会に住んでいてお金だけ送ったほうがいい、と考えを改める人も出てくるはずです。

 

地方の魅力は、何と言っても物価水準の低さ、安い家賃、自然環境、満員電車のない通勤、渋滞のない道路です。これらが給料などと天秤にかけて、見合うか見合わないかまずは検討してみる必要が出てきます。

求人情報の少なさに苦労しないように準備しよう

都会での仕事は、営業は営業のみと決まっていたからそれでいこう!というのも難しくなるのが地方の特徴です。

 

基本的に営業職であっても、事務や管理なども兼任など幅広く仕事を任されます。それなのに給料は変わらない・・・、となるとさすがに不満もでてきますよね。

 

しかし、実際に中に入ってみると、そもそもの本業もそこまで忙しくないので兼任も案外簡単かもしれないとなるケースも多々あります。

 

自分が本当に苦手でできない仕事だった場合は除いて、しっかりと中身を確認してから仕事に挑む必要が地方では必要となってきます。

 

また、地方への転職は、その求人数も情報も少ないという独特の問題を抱えています。これらへの対応策として、地方に密着している情報網を利用する必要がでてきます。

 

事前に何度か地方へ訪れ、自分がその地に馴染めるかどうか、求人情報を収集する手段はあるか確認する意味でもキチンと現地で確認しに行きましょう。

 

どうしても不便な一面が目立ってしまう地方の仕事ですが、都会とは違う人々の温かさを感じられるシーンもあります。その人のぬくもりを受け止められる人は、きっと地方での仕事は向いていると言えるでしょう。