IT エンジニア 転職

転職するタイミングを常に待っていました

[40代/男性/IT系/システムエンジニア]の転職体験談
・利用した転職エージェント:レバテックワークポートなど

 

前職では小さな会社である程度の地位にいたので、普段の行動は自分の責任の上に自分で決めていたのため自由度がかなりありました。

 

自由があり、時間的にある程度融通が利いたのは良かったのですが、経営を担っていたので責任の重さが半端でなく、お金の苦労からくるストレスは日常的にありました。

 

今まで長い間、前職場で仕事をしてきたので、昔からのお客様もあるし、従業員への責任もあるので、このままずっと続けていこうと長い間悩みながらやってきましたが、同時に転職のタイミングもサイトを見ながら計っていました。

 

その甲斐あって転職をするのに良いタイミングがあり、前職よりも大きな会社に就職することができました。

 

実際に就職してみて、やはりずっと感じていた経営の責任からの開放は大きかったです。見えないストレスで休日も気持ちとしては休めていない状況が続いていたからです。これは転職して一番良かった点です。

 

しかし、同時にメリットでもあった自由度を失ったことは実感できました。やはり勝手な行動をすることは許されません、その会社のルールが存在するからです。

 

あと転職のデメリットとして感じていることは、経験からくるスキルは持っているものの、やはり転職先にとっては1年生であることです。何の積み重ねもないので、信頼を得ていくことがたいへんです。

 

人間関係を含めた周りの環境に慣れていくこと、仕事のやり方やペースを身に着けていくことが必要なこと、これは乗り越えていくべき課題です。