IT エンジニア 転職

IT転職エージェントおすすめランキング

就職活動を成功させる秘訣は事前準備でした

[30代/男性/IT系/営業職]の転職体験談
・利用した転職エージェント:リクルートエージェントマイナビエージェントtype転職エージェントパソナキャリアレバテックキャリアワークポートなど

 

元々働いていた職場は、職場環境としては問題がありませんでしたが、給与や福利厚生面では結構不満がありました。

 

結婚する事が決まり、今の収入ではやっていけないと考えて3年ほど前に転職を決意しました。

 

求人情報は就職サイトや就職エージェントから入手しました。

 

リクルートエージェント、マイナビ、type転職エージェントに関しては、ネット上や周囲の方からの意見や評判を元に、信頼できる企業と判断して利用しました。パソナキャリアは、たまたま雑誌を見ていた時に知り、登録をしました。

 

マイナビ、リクナビはWEB上で就職先となる会社を検索、申し込みをするというシステムですが、自己アピールの仕方で書類選考が通るか通らないかがはっきりしていると思いました。要するにしっかり自己研究をして、自らの事を掘り下げておかないと、いい自己アピールが出来ず、面接にも進めません。自力でやるしかないという印象です。

 

逆にパソナキャリア、リクルートエージェントは、担当が一人ついてくれます。事前に希望職種、希望業界、条件等を伝えておき、担当者が持ってきてくれた求人情報リストから受けたい企業をピックアップ。企業への応募は担当がしてくれて、面接に行ける確率は80%を超えていたと思います。また、無料で模擬面接等もしてくれるので、とても助かりました。

 

転職エージェント・転職サイトは形態は違えど、それぞれメリットがあります。

 

WEB媒体に関しては、手軽さ、いつでも応募出来るといった利便性があり、エージェントに関しては担当者が親身になって就職活動をサポートをしてくれます。それぞれメリットがあるので、使うシチュエーションで選んでいくとより良い就職活動が出来ると思います。

 

結果的に、私はマイナビから応募した企業から内定をいただき転職しましたが、エージェントの担当者のサポートが無ければ成功しなかったと思っています。何故なら、模擬面接が非常に重要だと感じているからです。

 

面接は誰もが緊張し、言いたい事を100%伝えるのが難しいものです。しかし、模擬面接で場数を踏むこと、自分の良い所、悪い所を見つける事が出来、実際の面接に役立たせることが出来たからです。

 

また当然ながら、自分で業界研究、企業研究等をするという努力は必須だと思います。リサーチした情報を元に、自分の特徴をどう生かせるのかをアピールする事が重要だと思います。その為の準備には時間を掛けた方がいいと思います。

 

今の会社に転職をしましたが、前職とは同じ業界とはいえ、全く違うので最初の1年間は本当に苦労しました。

 

前職は大手コンピューターメーカーの販売代理店にいましたので、物を売る仕事でした。現在はシステム開発をしている会社の営業をしているので、形の無いものを売るので、感覚が全く違い苦労しました。

 

システム開発用語は多少は知っていましたが内容は全然知らなかったので、初めは何を言っているのか全然分からず焦りましたし、悔しかったです。

 

現在は役職にも就かせていただき充実した日々を過ごしていますが、今後はより営業としてスキルアップをして業界を代表するような営業マンになりたいと考えています。