IT エンジニア 転職

IT転職エージェントおすすめランキング

IT系のベンチャー企業に転職しましたが失敗です

[30代/男性/IT系/営業職]の転職体験談
・利用した転職エージェント:レバテックキャリアリクルートエージェントなど

 

今の会社に就職したのは約8年前です。それ以前は一部上場の大手メーカーに勤めていたので、IT系のベンチャー企業は初体験でドキドキしながら就職したことを覚えています。

 

就職してみてまずびっくりしたのが社員の就業管理がずさんなことでした。会社に人はひっきりなしに出入りするのですが、一体だれが出入りしているのかが判らない状況でした。

 

タイムカードなどもなく、いつ出社していつ退社するのか誰も把握していません。勝手に会社を休んでも、誰もそのことに気がつかない社風でした。

 

良く言えば自由、悪く言えばいい加減な会社で、まあオタクなエンジニアが9割の会社なんてこんものなのかなあ、と冷めて目で会社を見ていました。

 

人間関係では日々苦労していましたね。しょっちゅうレベルの低い喧嘩が絶えない感じの職場です。喧嘩のきっかけは様々ですが、責任のなすりつけ合いみたいなケースが一番多かったような気がします。

 

例えば営業部の例ですと、先輩Aと後輩Bがある新規顧客へ営業をしに行きます。お客さんから見積もりの依頼を受けて、さて、どれくらいの値段を提示したらよいか、ということでAとBは相談します。

 

先輩Aは過去の経験から、100万円くらいであれば受注できると後輩のBに助言をします。そしてBは言われたとおり100万円の見積もりをお客に提出します。

 

後日お客から連絡があり、「100万円では高すぎるので他社へ発注することにしました。ごめんなさい」との回答を得ました。

 

その結果に対して、先輩Aは後輩Bに対して激昂するわけですね。「何故こんな簡単な案件を失注したんだ!お前は馬鹿か!」と言うのですが、後輩Bは「だけど100万円で見積もり出せって言ったのは先輩の方じゃないか!」と逆切れします。あとはレベルの低い言った言わないの喧嘩です。

 

常に仕事の相談は口頭でやり取りするだけで、見積りの相談などもタバコ吸いながら喫茶店でやってますので、営業プロセスがすべていい加減でした。

 

先輩も人を育てる気もなく自分のことばかり考えていて、後輩も自分に都合の悪いことを言う人には誰にでも噛みつくような人間で、動物レベルのコミュニケーションしかできない会社でした。